FANDOM


ピクミン3
81mb0eKsCwL. AA1500
ピクミンシリーズ
ジャンル アクション
対応機種  Wii U
開発主  任天堂
発売元  任天堂
シリーズ ピクミンシリーズ
価格 5,985円
対応ディバイス Wii U GamePad、Wiiリモコン+ヌンチャク

『ピクミン3』は、ピクミンシリーズの第3作目で2013年7月13日に任天堂から発売されたWii U対応のゲームソフト。前回のピクミン2から約9年振りの新作である。

ストーリー編集

コッパイ星人であるアルフ、ブリトニー、チャーリーが食糧危機である母星を救うべく宇宙船ドレイク号に乗って食糧を求め惑星「PNF-404」に向かった。だが、着陸寸前でアクシデントにあってしまい3人バラバラに散ってしまう。アルフは降り立った先でピクミンと出会う。だが、コッパイ星に戻るために必要な「ワープ・ドライブキー」を紛失したことに気づく。アルフはブリトニーとチャーリーに再び会う為、また、母星に持ち帰えれる食糧を集める為にピクミンと共に冒険を始める。

ゲームプレイ編集

前作までののピクミンシリーズと内容はほぼ同じであるが、新しいプレイ機能も登場。 ピクミン3の目的は果物を集め、コッパイ星を救うことである。果物はジュースにしたり瓶詰めにしたりと保存が可能。果物がたくさん残っていると3人も長く生き残れより良い果物を見つけ出すことができる。今までのピクミンシリーズは30日以内という時間制限があったが、ピクミン3ではもし時間が必要であれば、果物を充分に集め100日間ゲームをすることができる。また、ピクミンを消滅させてしまったりした場合、過去に戻ったり自分が戻りたい時間と場所から再びゲームを始めることも可能である。

  • ピクミン3は以前のシリーズと異なりただピクミンをターゲットに投げつけるだけではなく、プレイヤーはターゲットを仕留めるためにどの方法が一番いいか分析しなければならない。例えば、ピクミンたちが敵のてっぺんから下へ向けて攻撃するとする。その際に敵にダメージを与えることができるがその際の攻撃の仕方、場所によって敵が異なった攻撃を仕掛けてくる可能性がありえる。どのピクミンを投げるかによるが、カーソルで遠近、色を変えることは可能である。
  • ピクミン3のアートワークはより写実的である。以前のピクミンシリーズよりもピクミンの大きさが少し大きくなっており、個々での動きが可能となったため、動作も写実的となっている、
  • また、ゲームパッド操作ができプレイヤーはタッチ画面を使って、カメラを鳥瞰的にして全体を見渡したりすることが可能。その際にゲームは自動的にポーズ状態になる。リアルタイムでみたい場合はホーズを解除状態にする必要がある。この操作をすることによって別々のグループのピクミンたちの動きを確認することができたり、プレイヤーはどのキャラクターを動かすことが有効的か計画を練ることもできる。
  • ピクミン2と異なり、ピクミン3のキャラクターたちはリアルタイムで話すことができる。
  • スキャナー機能もあり、プレイヤーはWiiリモコンのZボタンとヌンチャクで物体をスキャンすることが可能。
  • ヌンチャクを振ることによってピクミンを群がらせることができる。
  • 巨大生物は以前のピクミンシリーズよりも大きく倒すのが難しくなっている。ダメージを与えても次の日には戻ってきてしまうので日没までにしっかりと戦いダメーイを与え続ける必要があります。
  • ミッションモード、ストーリーモード、ビンゴバトルモード

ピクミン3ではモードを選んでゲームをすることができる。制限時間内に与えられた目的をクリアするのがミッションモード。宝を集めたり、敵を倒したりすることがミッションとなる。制限時間はだいたい7分から10分程度である。

  • ストーリーモードでは果物を集めるのが目的。うまくピクミンを利用して道を作ったり橋をかけたりすることもできる。
  • ビンゴバトルモードではピクミン2と同様2人でするバトルゲームである。ピクミン3ではアルフキャプテン・オリマーとして対戦、ビンゴカードと同じ絵の物を集めていくだけではなく、ビンゴとしてゲームを成立させなければならない。

プレイスタイル編集

ピクミン3は、4つのプレイスタイルで遊ぶことができる。

Wii U GamePad編集

このプレイスタイルでは、TVをメイン画面、Wii U GamePadをサブ画面(GPAD)およびコントローラとして遊ぶ。ゲームキューブ版のピクミンと同じ操作方法で遊ぶことができる。GPADはゲームパッドの画面に表示される。

Wii U PROコントローラー編集

このプレイスタイルでは、TVをメイン画面、Wii U GamePadをサブ画面(GPAD)、Wii U PROコントローラーをコントローラとして遊ぶ。Wii U GamePadで遊ぶ方式と同じように動作するが、GPADはテレビに表示される。

Wiiリモコン+ヌンチャク編集

このプレイスタイルでは、TVをメイン画面、Wii U GamePadをサブ画面(GPAD)、Wiiリモコンとヌンチャクをコントローラとして遊ぶ。ピクミンを投げる動作などをポインタを合わせて行うため、より直感的な操作が味わえる。

Off TV Play編集

ピクミン3は、Off TV Play(TVを使わず、Wii U GamePadのみで遊ぶプレイスタイル)に対応している。

ミッションモードとビンゴバトル編集

3つのミッションにチャレンジするモード。コントローラが2つあれば2人で協力してプレイできる。

Main article: ビンゴバトル

1Pと2Pがビンゴで対戦するモード。1Pがキャプテン・オリマー、2Pがアルフを操作し、さまざまな敵や果物がかかれたビンゴカードが与えられる。プレイヤーは戦略的にビンゴを行うために必要な項目を収集するだけでなく、相手が勝つことができないようにするため相手の状況を随時確認する必要がある。

舞台編集

MiiVerseとの連動編集

他のWii Uソフトと同様、MiiVerseにピクミン3のコミュニティがある。攻略情報を共有したり、プレイヤーに記録を自慢したりできる。また、GPADを用いて、ピクミン視点の高精細な画像を撮ることができる。その画像は、MiiVerseのピクミン3コミュニティ経由でその写真を共有することができる。

新しいピクミン編集

ピクミン3から登場する新しいピクミンは、外観や特徴から命名されており、赤ピクミン青ピクミンなどとはまた一味ちがう雰囲気を持っている。

岩ピクミン編集

Main article: 岩ピクミン

岩のような形をしており、破壊や突進に近い攻撃に強い。クリスタルなどを体当たりで破壊するため、フィールド上に点在するクリスタルを破壊するのに必須な存在である。

羽ピクミン編集

Main article: 羽ピクミン

蜂のような容姿で、背中に羽根がついている。羽ピクミンにしかうごかせない仕掛けもある。また、戦いに弱く、戦力としては使えない存在。

ビデオ編集


ギャラリー編集

参考編集

リンク編集